Japan Ready to Take Nepali Workers

blogs Learn Japanese




मुख्य : जापानले ९ देशबाट कामदार लैजाने, नेपाल नबौं नम्बरमा प्रस्तावित

  • कामदारहरु ल्याउने प्रकृयामा भिसा प्रोसेस को लागी लिइने जापानी भाषाको जाँच
  • भियतनाम, फिलिपिन्स, इण्डोनेशिया, कम्बोडिया, चीन, थाइल्याण्ड, म्यानमार, मंगोलिया र नबौंमा नेपाल
  • आगामी अप्रिल महिनाबाट अर्धदक्ष र दक्ष कामदारको रुपमा दुई वटा भिषा प्रक्रियाबाट आउने बिदेशी कामदारहरुले अनिवार्य भाषा र सिप परिक्षादिनुपर्ने छ । त्यसका लागि पनि तयारी भैरहेको सरकारी श्रोतलाई उधृत गर्दै एनएचके अनलाइनले लेखेको छ । भियतनाम, फिलिपिन्स सहित केही एशियाली देशमा प्राविधिक तथा शिप परिक्षा लिने आन्तरिक तयारी र योजना जापानले थालेको समाचारमा उल्लेख छ । समाचारमा जनाइएअनुसार जापानको सामाविक विमा (स्याकाइ होकेन) नतिरेका कम्पनिलाइ यो नयाँँ स्किममा सामेल गराइने छैन ।




सम्पूर्ण जानकारी : NHK

外国人共生に向けた対応策の素案 地方の取り組みに財政支援

留学生の国内就職も支援

素案によりますと、留学生の国内での就職率を政府は、5割程度に向上させることを目指していますが、実際は3割余りにとどまっていて、抜本的な対策が必要だとしています。

このため、今年度中に、クールジャパン分野の専門学校などを卒業する留学生が就職できる業務の幅を広げるとしています。

日本語教育の人材育成が急務

日本語教育を担う人材の育成が急務だとして、養成や研修のプログラムを改善し、充実させるとしています。

また、日本語教師のスキルを証明する新たな資格を整備するとしています。

さらに、外国人の児童や生徒とその保護者、それに教員のスムーズな意思疎通を図り、きめこまやかな日本語指導を行うため、政府は、情報通信技術の整備を支援するとしています。




日本語試験は9か国で

新たな在留資格を得るための日本語の試験は、これまでに固まっていた、ベトナム、フィリピン、カンボジア、インドネシア、中国、タイ、ミャンマーの7か国に加え、モンゴルとネパールの合わせて9か国で行われる見通しです。

ガイドブックは11か国語で

在留手続きや防犯、交通安全など生活や就労に必要に基礎的な情報を盛り込んだガイドブックを作り、11か国語をめどに多言語化を進めるとしています。

11か国語は、日本語や英語、中国語、韓国語、ベトナム語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語となっています。

運転免許試験は実情に応じて

運転免許の学科試験は現在、英語や中国語に加え、ポルトガル語やベトナム語などでも、一部の地域では実施されています。

17日の素案には、外国人の国籍などが地域によって異なることから、多言語化の具体的な数は明記されておらず、地域の実情に応じて、対応することになる見通しです。




支援コーディネーターも

来年度、気象庁のホームページや緊急地震速報や「Jアラート」などを発信するアプリが多言語化される見通しです。

対応言語は11か国語になる予定です。

また、災害時に避難所にいる外国人の要望に対応するため、再来年をめどに各都道府県と政令指定都市に「災害時外国人支援情報コーディネーター」を配置できるよう養成を始めるとしています。

さらに、警察の「110番」消防の「119番」のほか、消費生活センター、法務省の人権擁護機関、ハローワーク、労働基準監督署などでも多言語での対応が進む見通しです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.